更年期障害の改善|不快な症状は医師に相談してみよう

自律神経失調症ではない

女性看護師

閉経が起こってくる5年前から、更年期障害の症状が現れてきます。この症状は短期間で終わる人もいれば、数年続く人もいます。日常の生活に支障をきたすほどに症状が出てきたときに、それを更年期障害と呼んでいます。

More…

更年期の症状を改善したい

ベッドに横になる女性

女性ホルモンの分泌が減少する40代になると更年期障害になる人がいます。若い人でも同じように起こることがあります。生活の質を落とさないために専門の病院での治療があります。さまざまな不調の改善が報告されています。

More…

最近疲れやすくなったら

カウンセリング

早めのケアが大切

最近、体調がすぐれなかったりする方は更年期障害かもしれません。更年期障害の原因の一つはホルモンバランスの乱れです。更年期を迎えるとホルモンバランスが乱れ、精神や身体に不調が見られます。主な症状は、疲れやすくなったり、めまいをするようになります。冷えや、肩こり、ほてりも症状に含まれます。また、精神的にもイライラや不安になる事が多くなったり、夜眠れない方もいます。どれも更年期障害なのか自分では判断しにくいですが調子が前よりも優れない場合は病院に受診するか日常生活を工夫する事が大切です。食事のバランスを考えたりウォーキングなど適度な運動、ストレスの解消を心がけてください。病院に受診し適切なアドバイスを受けると安心だと思います。

若くても油断は禁物

40代半ばに見られてきた症状も現在では、早くて30代で症状が出る場合もあり、また男性の更年期障害も認識されるようになりました。今後はまだ若いから、あるいは男性だからといって油断できない病気になっていくでしょう。また、症状をそのままにしておくと重大な病気が隠れている事もあります。体調不良を感じたらまずは病院に受診する事をおすすめします。その際に女性は婦人科が良いですが男性の場合は、心療内科・内科を受診して下さい。中には婦人科や総合病院の中に更年期外来を設置している場所も増えてきています。自分では中々更年期障害だとは思いにくいですが、最近体調が悪く疲れやすかったり、生理が止まって数ヶ月経っている方はそのままにしないで一度受診してみてください。

鬱状態を伴って

頭を押さえる人

更年期障害は鬱の状態を伴って起こってくることが多くなっています。その症状が更年期障害なのか、鬱病なのかしっかりと判断することが大切になってきます。男性の場、全身の身体的症状を伴って表れてくるときは、鬱病の可能性があります。

More…